賃貸経営と不動産に関係する税金の種類

賃貸経営と不動産に関係する税金の種類

PAGETITLE
賃貸経営で不動産関係で知っておかなければならない税金は、結構たくさんあり、それらのことも知識として頭のなかに入れておくと、必要な時に慌てなくてすむと思います。契約書や領収書などには印紙税が必要になります。印紙税は契約金額によって代わり、普段の生活でよく目にするのは、200円の印紙で10万円以下の契約書などで利用されます。工事の請負などでは100万円以下で200円になりますが、それぞれ取引金額により高くなります。また登録免許税は所有権の移転などの時に必要になります。その他消費税は売主が業者の場合に建物だけにかかってくる税金になります。また不動産取得税というものもあり、不動産を取得した半年後に通知が届くようです。

また固定資産税はよく知られている税金で、毎年納税しなければならないものですが、1月1日の固定資産の課税標準額から算出されて、納税書が届きます。また都市計画税も市街化区域に所有している不動産に課税されてきます。また所得税も重要で不動産所得に対して課税される税金です。また譲渡税もあります。これも買値より高く売れた場合に、税金がかかりますが、ほとんどは安くなりますので、それほど気にかけなくてもよい税金ではないかと思います。